東洋高等学校は東京都千代田区に位置する男女共学の私立高等学校です。

東洋高等学校

TOYOism

教職員紹介

国語科Japanese

作品を通じて言語感覚を磨き、論理的思考の礎を築きます。1学年では古典作品を、2学年、3学年では古典、現代文の読解を、テキストを中心に講義や演習、ディベート、ICTなどを取り入れて学習します。なぜ学ぶのかということを根本から問い質してください。過去を今を知るのも、未来を見通すのもすべては自身の力次第です。そしてその力を支えているのが国語です。疑問を持ち続けること、考え続けることを常に意識してください。

国語科
髙藤 大空 先生

外国語科English

英語話者の感覚に気づくことを目的とし、英語の運用力を身につけるための授業を行っています。機械的に英語の問題を解くのではなく、生徒と生徒、生徒と教員がインタラクティブに話し合い感覚を共有し、それぞれがどのようなイメージで英語を使用しているかを学びます。将来、どんな職業に就いても、世界で活躍するためには言葉の壁を乗り越えなければなりません。自分の世界を広げるためにも「使える英語」を身につけましょう。

外国語科
木村 圭佑 先生

数学科Mathematics

高校の数学は中学の数学と比べて一段と難しくなります。しかし、毎回さまざまな疑問を残さずに積み重ねることで、必ず理解することができます。数学は日常生活の中で直接役に立たないと思っている人もいるかもしれません。しかし、数学で学ぶ論理的思考は、必ずこれからの人生の中で役に立つはずです。数学を学ぶことで、他者への説得の仕方、自分の気持ちの整理の仕方など、いろいろなことを学んでいきましょう。

数学科
輿石 茜 先生

地歴公民科Social Studies

歴史を学ぶ目的は先人達の考えや暮らしから、現在のそして未来の私たちの生き方についてヒントを得ることです。そして押し寄せるグローバル化の波に乗るために、身近な社会問題に目を向け、自ら考える力を養ってほしいと思っています。授業では生徒に発問し、その答えを皆で考察する時間を多く取っています。力強く充実した未来にするために、お菓子やアニメ映画などの身近なものを通して「世界」を学んでいきましょう。

地歴公民科
柴田 香里 先生

理科Science

自然界の現象や性質を説明するために、観察や実験から多くの科学者たちが確立してきた科学の一部を物理や化学、生物といって分野に分け、学んでいきます。授業では生徒にとって身近な例を多く提示し、どうしてその現象が起こるのかという疑問を見つけさせ、納得できるように解説しています。また、同じ法則や性質を用いて解決できる現象を生徒に解決させ、自ら思考する力を養いつつ、科学の奥深さを探究していきます。

理科
渡邉 芳雄 先生

保健体育科Physical Education

体育の授業は、仲間と交流しながら体力や筋力を維持・向上させ、技術を習得することを目的としています。授業の中で生徒同士が協力し合い、教え合う姿が見られ、本校の教育目標である「学び合い、助け合い、高め合いの実践」を実践しています。保健の授業では高校生の健康問題やライフステージに沿った内容を学び、生徒達の身近な具体例などを挙げて納得できる授業を心がけています。何事にも自ら挑戦する心を大切にしてほしいです。

保健体育科
根本 早紀子 先生

TOYO TEACHER×3座談会

勉強に部活動にと忙しい毎日を送る東洋高校の生徒たち。
彼らに対し先生方はどのようなことを思い指導しているのでしょうか? じっくり語り合いました。

TOYO TEACHER×3座談会

東洋高校が大切にしている先生と生徒のコミュニケーション

昨日の自分を下回らない

学校長: 本日は本校の生徒について色々と話をお聞かせください。お二人には男性教師と女性教師それぞれの目線からいろいろと語っていただきたいと思います。早速ですが、授業をしてみて感じる生徒の印象について聞かせてください。

大村先生: 各教科バランスをとりつつも、関心を持った分野を突き詰めている子が多いと感じています。熱中できるものがあるほうが、いざ勝負をするとなった時に生きてくるので、非常に大切なことは間違いありません。

田村先生: 特に外国語の授業をしていると、“大学入試のためだけ”ではなく“将来使えるようになりたい”という意欲を感じます。分からないことがあれば聞きにきますし、前向きで明るい雰囲気で取り組んでくれるので、教える側としても楽しく授業をしています。

大村先生: 授業や行事など、様々なシーンで生徒に「なぜだろう」と考えさせるような機会を設けているので、結果として前向きな子たちが生まれてきているのでしょうね。

学校長: でも、まだ受動的な生徒も多い気がします。受け身になってしまうのは仕方ないのですが、3年間で“学ぼうとする姿勢”を育んでほしいですね。

大村先生: そうですね。真面目な子が多いので、1から10まで教えれば、指示通りに動くかもしれない……。でもそれでは受け身になってしまうので「君たちなりに頑張りなさい」とヒントに留めるようにしています。手を出したいのは山々なのですが、生徒が活躍できる場を作ってあげて、最終的に1を10まで発展させられる人間が巣立ってくれれば本望です。あと個人的には、東洋高校の職員室は相談に来やすい場所だと思っています。生徒たちがうまく私たちを使ってくれれば、あとは伸びていく子ばかりなので期待したいですね。もちろん僕たちも頑張りますが(笑)。

学校長: 先生の平均年齢が30歳前後なので、生徒にとってオーソリティーというよりも、先輩感覚で相談しやすいのが本校の良いところだと自負しています。田村先生は生徒からどんな悩みを聞いたことがありますか?

田村先生: 私は2年生の担任をしているのですが、部活動が生活の中心という子が多くて……。帰宅するのも7~8時なので「昨日も勉強できませんでした」と泣きそうになりながら言ってくる子もいます。でも「毎日10分。何でも良いからコツコツやろう」と励ましたんです。そうしたら「昨日は部活で疲れていたけど単語100個見ました」と毎日報告してくれるようになりました。私自身もコツコツやって花開いた経験がありますので、これからも粘り強く伝えていきたいです。昨日の自分に負けない子が育ってくれれば、こんなに嬉しいことはありません。

妥協の粒を潰す

学校長: 田村先生は英語部の顧問ですよね。ネイティブスピーカーと生徒の関係はいかがですか?

田村先生: 非常にフランクに接していますし、生徒もたじろぐことがありません。授業ではできないこともあるので、ネイティブの先生方との会話は、その空間でしかありえない非常に良い機会になっていると思います。生徒は英語が好きで入部しているので、力を伸ばすためにはどうしたら良いのかを常に考えているようです。

学校長: 劇もやっていますよね。

田村先生: そうですね。自分たちで全編英語の台本を書き起すので大変なはずなのに、楽しんでやってくれています。発音もネイティブスピーカーにチェックしてもらい、オーディションもします。そこで落とされた子は「次こそ」と奮起するので、部員は仲間でありながらライバルでもある良い関係だなと思います。

学校長: 大村先生は陸上部の顧問をされていますが、どんな指導を心がけていますか?

大村先生: 短距離だとコンマ何秒、長距離だと何秒を争う競技なのですが、いざレースの時に勝ちきれない選手というのは、日頃の練習や日常生活で「まぁいいか」と諦めていることが多いと思うのです。勉強をするにしても80%理解できたところで止まってしまうとか、普段生活していてゴミが1個落ちていても行動に移せなかったり……。そうではなくて、分からない部分があるなら「もう1問解いてみよう」とか、ゴミがあるなら見て見ぬふりをせずゴミ箱に捨てるなど、一歩踏み込める選手が、辛い練習でも自分が納得するまで突き詰められるのではないかと考えています。私はよく“妥協の粒”という言葉を使うのですが、その時はまだ小さな粒かもしれないけど、靴を並べて置くとかバッグのチャックをしっかり閉めて整理をするとか、してもしなくても大差はないのかもしれないけれど、でもやっておいたほうが良いことを判断して、妥協の粒を潰すことができれば、練習でも完璧主義になりますし、心を鍛えるキッカケへとつながります。だから生徒には「まぁいいか」をどれだけ減らせられるかが勝負を分けると伝えています。

学校長: 大村先生は出張でいなかったからご存知ないと思いますが、先日陸上の公式戦を見に行ったときに、あまり天気がよくなくて、他校の生徒も含めてみんな屋根のついたスペースに荷物を置いていました。でもある学校がそのスペースに入れなかったんです。それを見た陸上部のキャプテンが、可哀想だからって部員に呼びかけてスペースを確保して入れてあげていましたよ。その子の人柄もあるのかもしれないけど、大村先生が普段から言っている妥協の粒を彼なりに解釈して行動したのかなと。あとで褒めてあげてくださいね(笑)。

田村先生: 生徒から教わることって多いですよね。黒板の下が汚れていたらモップで拭かなければいけないルールがあるのですが、私が見ていないところでもしっかりやっているのです。この間、放課後に黒板の下の掃除を指示して会議に行ったのですが、一応確認したらちゃんとやっていました。私はその場からいなくなるのでやらなくても分からないだろうし、翌朝には忘れているのに、それでも自分の任務をしっかり果たしてくれている。小さなことかもしれないけれど、これができると「良い大人になるのだろうな」と感じますね。生徒を見習って何事も絶対に手は抜いちゃダメだなって考えさせられました。

学校長: 私の持論として、生きることにプロもアマチュアもないと思っています。15歳の高校1年生だろうが、50歳の教員だろうが、立場や経験ではなく、お互い見習うべきところは見習っていかねばなりません。校訓にも『自律・共生』とありますが、生徒と先生が共に学びあうのが理想ですね。

大切にしている生徒との対話

大村先生: 生徒の気持ちが分かる瞬間も、喜びを感じます。一昨年から昨年まで2年間、同じクラスを卒業するまで受け持っていたのですが、生徒に細かいことを注意しながら、「本当にこれで良いのだろうか」と考えながら指導していました。卒業式当日に生徒から1人1人メッセージが書かれたポストカードを貰ったのですが、ある生徒から「先生は嫌っていうほど気にしすぎじゃない? でもぜひ次のクラスでも続けてください」って書かれていて、まさにチクチク言われるのを嫌がるタイプの子だったので「このやり方で正しかったんだ」と自信をもらえましたね。今新たに1年生の担任をしていますが、しばらく続けていこうと思います。

田村先生: 去年のクラスに、けだるさを前面に押し出す子がいました。1年かけて注意をしていたら「僕はやっていません」と反抗してきたことがあって……。私も「やったでしょ」と水掛け論になったのですが、帰りの放課後に「さっきはああいう態度をとってすみませんでした」としっかり謝ってくれたのです。根がすごく良い子なので正面から向き合えば意図を分かってくれるし、分かろうとしてくれます。

学校長: 自分を振り返っても、15~18歳は何をしなくても気持ちが落ち込んだり、わけのわからない焦りに包まれるのは当然なので、いかに生徒が納得する指導をするのかが重要ですよね。

大村先生: 確かに。先ほどの妥協の粒の話に通じますが、何か大きなことがあって100の力で注意するのは効果がないと思っています。日頃から小さな10のことを言い続けていると、やがてやらないと気持ち悪くなってくる。そんな習慣を身につけさせられれば良いなと思って指導しています。

自分で未来を切り開くために

学校長: 最後に高校受験生に向けてエールをお願いします。

大村先生: 中学校までは、大人たちが用意してくれたものに取り組む機会が多く、そういったものから様々なことを吸収し成長してきたと思います。でも高校は、在学中に有権者になりますし、自分で未来を切り開く力が必要になるので、今のうちからしっかり準備をしてほしいですね。高校受験をするにあたって、担任や教科の先生からいろいろアドバイスを受けるはずですが、自分なりに噛み砕き、実験と検証を繰り返して、どんどん伸びていってください。

田村先生: 15年間、何不自由なく暮らしてこられたのは、やっぱりまわりの支えがあったからです。まずは周囲の方々への感謝の気持ちを忘れないでほしいです。卒業後に始まる高校生活が不安な人も多いかもしれませんが、環境の変化を恐れず飛び込んでほしいし、自分に自信を持って3年間輝いてください。私たちも精一杯フォローします!

学校長: では私からも。受験生からすれば高校を選ぶのは大変だと思うのです。どこに行けば良いのか分からないという人も多いでしょう……。ただ、「あそこの学校はレベルが高いから、自分も向上できるのでは」という漠然とした考えで高校選びはしない方が良いですね。他力本願といった気持ちではなく、今の時点ではどうなるか分からなくとも、勉強でも、部活動でも、友だちづくりでも良いので自分は“これをやりたい”と感じるものを持って選定しないと、先は開けてこないでしょう。やりたいことが見つからない人は、ほじくり返せばあるのだけど、気付いていなかったり、言葉にできていなかったりするだけです。それを明らかにして学校選びをしてほしいですね。

PAGE TOP